新番組で渡瀬恒彦 大活躍・「新・警視庁捜査一課9係」

TV 《感想》 新番組・「新・警視庁捜査一課9係」

0702.bmp 主演の渡瀬恒彦、今回は、警視庁捜査一課9係の係長(警部)役、お似合いですネ。

2006年12月27日に放送されて今回で4作目、捜査一課で最も高い検挙率を誇る9係の係長・加納倫太郎(渡瀬恒彦)が事件の謎に迫ってくれます。

警視庁捜査一課9係では、皆から相手にされていないようですが、実際はその逆で鋭い洞察力で、初回から事件を解決してくれました。

人気占い師ゴッドアイ・マリーこと稲葉万里江の殺害事件、大物政治家・北島の弁護士・高坂の犯行でした。

濡れ衣を着せられた浅輪直樹(井ノ原快彦)刑事、交番勤務の巡査時代に出会った二人の女子高生が事件に絡んでいたとは ・・・

加納倫太郎(渡瀬恒彦)、誰もが見落としがちな本棚のアルバムに目がいくところは、少し唐突過ぎる気がしましたが、トリックがないだけに物証としては、ありえる話でしょう。

現場から無くなった大物政治家のスキャンダルな写真が謎を解く鍵でした。

人情に厚く、犯人への罪の自覚を説くシーンがいつもながら泣かせてくれます。

ストーリーは少し単純すぎるようですが、監察医の早瀬川真澄(原沙知絵)が死体からマイクロチップを発見する等、変化を持たせてくれました。

豪華な出演者たちが控えていますので今後の放送が楽しみです。

★渡瀬恒彦で検索しました!★

soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
    ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村
続きを読む
スポンサードリンク

『新番組で渡瀬恒彦 大活躍・「新・警視庁捜査一課9係」』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | 新・警視庁捜査一課9係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする