WBC・筋書きのないドラマへ乾杯!

TV 《感想》
wbc.jpgWBC侍ジャパン決勝戦、野球ファンでなくても試合結果が気になりました。10回延長戦の末、5対3で見事世界一。
野球は「筋書きのないドラマ」と言われますが、私たちに感動と喜びを与えてくれるドラマの筋書きを作ってくれた日本代表チームに感謝したいと思います。
原監督の「繋げる野球」をチーム全員が実践し、不調の選手(イチロー?)を好調の選手がカバーするという地道な努力が実を結んだのではないでしょうか!

決勝戦では、何度もチャンスが訪れチャンスを逃すシーンが度々ありました。
得点しても韓国がすぐに追いつきハラハラドキドキの決勝戦でしたが、最後の最後、イチローがタイムリーヒット、さすが、イチローと歓声を上げてしまいました。

MVPには、松坂大輔投手が選ばれましたが、米国では、決勝戦で活躍したダルビッシュ投手を松坂以上と称賛する人をいるようです。
投手が注目されるのは、止むを得ませんが、イチローにも大きな拍手を贈りたいと思います。

また、2006年の第1回大会に続く連覇を達成し日本中を元気にしてくれた原監督、お疲れ様でした。
感動をありがとう ・・・ 手(チョキ)

本 《あらすじ?》⇒ 経過
↓↓↓
手(チョキ) ★あなたの応援クリックが活力源です★⇒ アフェリエイトランキング
 ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村 テレビブログ続きを読む
スポンサードリンク

『WBC・筋書きのないドラマへ乾杯!』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | その他>ちょっと寄り道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする