常盤貴子懐妊/妻夫木聡に子供が・
NHK大河ドラマ「天地人」にて

TV 《感想》兼続に待望の子供が!・NHK大河ドラマ「天地人

0706.jpg 兼続(妻夫木聡)の妻・お船(常盤貴子)が懐妊しました。
何はともかくおめでとうございます! わーい(嬉しい顔)

兼続(妻夫木聡)にも跡継ぎができましたが、女の子のようです。
文献によると、娘二人、男子一人の子供ができたとされていますので跡取の心配はなさそうです。

兼続(妻夫木聡)の弟・実頼(小泉孝太郎)もなかなかの武将でしたネ
自ら京に住まうことで兄の過保護から抜け出しました。

弟・与七こと実頼(小泉孝太郎)を心配する気持ちが弟を駄目にしていたとは気づいていなかったようですが、ここでも真剣に悩む兼続(妻夫木聡)の優しさがうかがわれました。 もうやだ〜(悲しい顔)

それにしても秀吉(笹野高史)からの上洛の誘いは、しつこいですネ
天下人を相手に意見するところは、さすが、兼続(妻夫木聡)でしたが、もっともな話です。

皆さんは、いかがでしたか? ちっ(怒った顔)

人を信用しない秀吉(笹野高史)の用意周到な作戦なのでしょう。

また、家康(松方弘樹)もいずれは天下人になる武将ですから、兼続(妻夫木聡)にとっては、秀吉(笹野高史)以上に警戒しなければいけない相手のようです。

次回は、後の宿敵・伊達政宗(松田龍平)との出会いです。
楽しみに待ちましょう!

メモ「豆知識」
 天下分け目の戦い「関が原」では、石田三成と懇意であった兼続は、家康と対立します。負け組みの西軍である景勝・兼続主従は、米沢へ撤退することになりますが、この撤退戦の見事さは語り草となり、兼続は敵である義光や家康にも称賛され、旧日本陸軍参謀本部の日本戦史でも取り上げられているほどです。
兼続の才能は、ここでも光り輝いていたようです。

soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
    ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村

  <NHK大河ドラマ『天地人』 楽天search>
本 《あらすじ》NHK大河ドラマ「天地人」オフィシャルサイトより
↓↓↓

天正15年(1587年)、景勝(北村一輝)は越後を平定、春日山に平和が訪れる。
小国家へ婿に入り与七から名を改めた実頼(小泉孝太郎)は、妻・お栄(小沢真珠)や義父母(牧村泉三郎・福井裕子)から手柄のないことを責められ、肩身の狭い思いをしていた。

そんな折、実頼は景勝の名代として聚楽第落成の祝いの使者となり上洛するよう命ぜられる。
上洛した実頼は秀吉(笹野高史)に謁見(えっけん)、その側には茶々(深田恭子)がいた。
実頼は秀吉から官位を授かり、さらに茶々から名字を大国と変えるよう言われる。
越後に戻った実頼は上洛の報告をするが、兼続(妻夫木聡)は官位を受けたことを責め、けんかになる。

翌年、秀吉から再度の上洛を促す書状が届く。
景勝と兼続にも官位を授けたいというのだ。
あきれながらも二人は上洛し、実頼も同行する。兼続は三成(小栗旬)の計らいで秀吉と内々に謁見、上杉の忠義に官位は無用と言い放つ。
秀吉は謝罪するが、それでも官位は受けてほしいと懇願、兼続も了承する。
その様子を見ていた実頼は、兄のきぜんとした態度に畏敬(いけい)の念を抱く。
兄の側では成長できないと悟った実頼は、自分を京に残してほしいと兼続に頼む。
以降、実頼は上杉と豊臣の橋渡しの役を果たすことになる。

京滞在中、兼続は家康(松方弘樹)から利休(神山繁)の茶室に誘われる。
そして、愛の字をめぐって問答しながら、互いに心中を探り合う。

春日山に戻った兼続に、お船(常盤貴子)は懐妊したことを告げる。待望の子に喜ぶ兼続だった。

NHK大河ドラマ「天地人」オフィシャルサイトから

『常盤貴子懐妊/妻夫木聡に子供が・
NHK大河ドラマ「天地人」にて』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | NHK大河ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする