「天地人」関白を叱(しか)る・第26回

《感想》 秀吉(笹野高史)も涙・NHK大河ドラマ「天地人」第26回

0629.bmp 秀吉(笹野高史)の誘いに屈しない兼続(妻夫木聡)、主(あるじ)・景勝(北村一輝)に命がけで従う忠誠心立派ですネ

秀吉(笹野高史)に刀を突きつけられても動じない兼続(妻夫木聡)の目に秀吉(笹野高史)自身が感銘したようです。 もうやだ〜(悲しい顔)
やはり人の上に立つ家老はこうあらなければならないのでしょう。

景勝(北村一輝)の遺言、現実のものにならなくて良かったです。
兼続(妻夫木聡)を信頼する景勝(北村一輝)の思いは、一つの国と同じ重さがあったとは驚きでした。 ぴかぴか(新しい)

家康(松方弘樹)の上洛、そして、秀吉(笹野高史)に取り入ろうとするしたたかさ、後に天下を取る武将だけに只者ではありません。

兼続(妻夫木聡)の魅力が一段とアップしてきました。
これからも上杉の「義」と「愛」を信じて、自分の信念を貫いていって欲しいですネ。

次回は、又もや秀吉(笹野高史)からの策略が ・・・ ?

soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
    ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村

  <NHK大河ドラマ『天地人』 楽天search>
本 《あらすじ》 NHK大河ドラマ「天地人」オフィシャルサイトより
↓↓↓

兼続(妻夫木聡)は景勝(北村一輝)につき従い、大坂城で開かれた秀吉(笹野高史)の茶会に出席。
秀吉は満座の中で兼続を自らの家臣にしようと砂金の山を積むが、兼続は自らの主は景勝以外にいないとその誘いを突っぱねる。

宿所に戻った兼続は、家臣の志駄(信太昌之)が景勝の命で文箱を燃やそうとしているのを見かける。
その文は景勝の遺言だった。
そこにしたためられた言葉に、兼続は景勝の自分に対する信頼の深さを感じ、その言葉を一生の宝とすることを誓うのだった。

越後帰国が近づく中、景勝は秀吉の推挙により、従四位下左近衛権少将の官位を賜る。
その席を辞した兼続に千利休(神山繁)が自らの心中を吐露する。が、合点し難い兼続。

帰国途上、兼続は三成(小栗旬)を訪ねる。
初音(長澤まさみ)の無事を知り、安堵(あんど)。
息災を祈る。

一方、浜松の家康(松方弘樹)は茶会のいきさつを知り、あらためて天下のすう勢を読み、上洛を決意。
秀吉は家康に上杉と同様、東国の守りを託す。
そこには上杉と徳川、互いにけん制させる意図があった。
そして、愛用の陣羽織を与える。

NHK大河ドラマ「天地人」オフィシャルサイトから

『「天地人」関白を叱(しか)る・第26回』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | NHK大河ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする