二重人格の殺人鬼・「BOSS」CASE09

TV 《感想》 虐待が原因で二重人格の殺人鬼へ・「BOSS」CASE09

0612.bmp 二重人格の大学教授・西名亘(生瀬勝久)が殺人犯でした。

かつて、子供の頃に受けた虐待が原因で二重人格になってしまった西名亘(生瀬勝久)、自殺した弟の凶暴な性格に豹変し、子供を虐待する人間を殺害していたのです。 がく〜(落胆した顔)

ドラマの映像からは、弟が生きているように協力して殺人を犯す二人が演出されていたので、二重人格とは最後までわかりませんでしたが、旨い演出でした。

子供への虐待を救うサイトを運営する西名亘(生瀬勝久)、サイトへ送られてくるメールから殺人対象を決めていました。

BOSS・大澤絵里子(天海祐希)の鋭い勘と読みで、犯人は、まんまと誘き出されて逮捕されたのです。

自分の恩師である大学教授・西名亘(生瀬勝久)が、二重人格という哀れな姿を最後まで認めたくなかった花形一平(溝端淳平
あえて、本人に手錠をかけさせる大澤絵里子(天海祐希)、部下に対して仕事の厳しさを教えて場となりました。

それにしても部下を叱り付けるキャリアウーマン・大澤絵里子(天海祐希)、今回もカッコイー〜 ぴかぴか(新しい)

ますます、BOSS役が板についてきました。
次回もカッコイー・アラフォー期待してま〜す。

soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
    ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村

<アラフォーで検索してみました>

本 《あらすじ》 「BOSS」オフィシャルサイトより
↓↓↓

大澤絵里子(天海祐希)は、トラック運転手・柏原が惨殺された事件を担当する。
木元真実(戸田恵梨香)、花形一平(溝端淳平)とともに現場に入った絵里子は、犯行に衝動性がある一方、指紋を拭き取るなど、冷静さもあることから複数犯の可能性を示唆。

奈良橋玲子(吉瀬美智子)は、遺体の傷が右半身に集中していることから、犯人は左利きの可能性が高いと言う。

その後、片桐琢磨(玉山鉄二)、山村啓輔(温水洋一)、岩井善治(ケンドーコバヤシ)らが捜査するうち、柏原には暴力が原因で離婚した妻と、26歳になる息子がいることが判明。

さらに、息子もその子供に暴力を振るっていること、反面、それに悩み“虐待サイトSOS”という相談所を訪ねていたこともわかる。

サイトを運営するのは、慶政大学心理学部教授の西名亘(生瀬勝久)だった。
西名は、事件のことで自分を訪ねてきた絵里子に、父親から暴力を受けていたことが、息子が父親を殺す動機にはならないと話す。

そんな折、今度は土木作業員・町田が殺される。その手口から、柏原と同一犯による犯行だと思われた。
衝撃的な連続殺人は捜査の遅れとともに報道され、絵里子は丹波博久(光石研)から叱責を受ける。
野立信次郎(竹野内豊)が擁護するが、丹波の怒りは収まらない。

一方、町田も息子を虐待しており、その息子も同じくサイトを訪ねていたことがわかる。
絵里子は、息子からのメールにアクセスできた西名と大学院生2人に焦点を絞り…。

BOSS」オフィシャルサイトから


『二重人格の殺人鬼・「BOSS」CASE09』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | BOSS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする