娘を襲った悲劇、さち(大橋のぞみ)の病名は?・「白い春」

TV 《感想》 さち(大橋のぞみ)が心臓手術・「白い春

0616.bmp さち(大橋のぞみ)が自分の部屋で突然倒れてしまいました。 がく〜(落胆した顔) 

母親と同じ病気ではないかと康史(遠藤憲一)は、心配で仕方がありません。検査の結果、心臓に穴が開いていることがわかり、すぐに手術をすることになりました。

春男(阿部寛)と康史(遠藤憲一)、さち(大橋のぞみ)の手術のために神頼みに行きました。

同じ神社でバッタリ出くわすシーンは、滑稽(こっけい)でしたネ わーい(嬉しい顔)

そこで、二人の父親、子供のためにできることをお互いしっかりやろうと約束することができました。

春男(阿部寛)は、パン屋を任され、さち(大橋のぞみ)には、会わない約束をしましたが、心配で仕方がありません。

佳奈子(白石美帆)は、康史(遠藤憲一)に内緒でさち(大橋のぞみ)を励ましてくれるよう春男(阿部寛)に頼みました。

やはり、さち(大橋のぞみ)の心の中には、何でも思ったことが言える春男(阿部寛)の存在が必要でした。

春男(阿部寛)からの水彩絵の具のプレゼント、さち(大橋のぞみ)の励みになりましたネ ぴかぴか(新しい)

プレゼントを抱いて手術室に入ったさち(大橋のぞみ)でしたが、手術室の様子が急にあわただしくなりました。

何か思いがけない事が起きたようです。
さち(大橋のぞみ)心臓手術、旨くいくのでしょうか!
目が離せませんネ 目

次回、又 ・・・

soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
    ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村

<主題歌情報 楽天>


《あらすじ》 「白い春」オフィシャルサイトより
↓↓↓

やっと春男(阿部寛)に初給料が出た。
康史(遠藤憲一)には少ないと憎まれ口を叩きながらも、実はかなり嬉しい様子だ。

プレハブ小屋で目を覚ました栞(吉高由里子)は、勇樹(遠藤雄弥)から一部始終を聞いて春男に助けられた嬉しさと巻き込んでしまった不安で複雑な思いでいた。

公園で再び初給料の喜びをかみ締めていた春男を見つけたさち(大橋のぞみ)はスケッチを始める。
楽しそうにカラフルに絵を書いていくさちを見つめる春男。

仕事を終えた春男は栞を呼び出した。
喜んで駆けつけた栞だが、さちへのプレゼントを買うための画材屋に付き合ってもらう為だと知り憮然とするが、そんな春男を微笑ましく思い、一緒にプレゼントを選んでいた。
栞のアドバイスを受け、水彩画の用具セットに決めた春男は画材のことなど何も知らないながらも満足げだ。

同じ頃、夕食になっても部屋から出てこないさちを呼びに行った康史は、床に倒れているさちを発見する。
ぐったりするさちを抱きかかえタクシーに乗り込む康史と佳奈子(白石美帆)。
そんな事態になっている事を知らない春男は、購入した画材にプレゼント用の包装を嬉しそうに頼んでいた…。

白い春」オフィシャルサイトから


『娘を襲った悲劇、さち(大橋のぞみ)の病名は?・「白い春」』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | 白い春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする