無実の人を救うのも刑事の仕事・「ハンチョウ」

TV 《感想》 無実の人を救うのも刑事の仕事・「ハンチョウ」第9話

0609.jpg 殺人容疑の美佐子(川上麻衣子)は、無罪でした。

安積(佐々木蔵之介)は、警察をやめる覚悟で冤罪を晴らしたのです。 パンチ

全員が、反対する中、身も知らない美佐子(川上麻衣子)の言葉を信じて、「無実の人を救うのも刑事の仕事」と言われたことだけで、休暇を取り、一人だけで再捜査をするハンチョウ・安積(佐々木蔵之介)を班員全員が応援する姿に感動しました。

自分が信じるものに向かって、使命感を持って挑む、安積(佐々木蔵之介)班のチームワークすばらしいですネ ぴかぴか(新しい)

次回も期待しています。

soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
    ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村


<佐々木蔵之介実家のお酒>
本 《あらすじ》 「ハンチョウ」オフィシャルサイトより
↓↓↓

6月のある日、安積(佐々木蔵之介)は刑務所を訪れていた。
殺人の容疑で収監されている美佐子(川上麻衣子)から呼び出されたのだ。

美佐子は自分の夫を殺害した容疑で実刑判決を受けたはずだが、真犯人を知っていると今になって安積に無罪を主張する。

美佐子が真犯人だと言うのは、雑誌に載っていた佐久間(大河内浩)という医師。
佐久間は名医として、雑誌などでも盛んに紹介されている有名な人物だった。

既に決着がついた事件を掘り返すことは警察内ではタブー。
しかも冤罪を現役警察官が証明するとなると、相当な波風を立てることになる。

安積は「無実の人を救うのも刑事の仕事」だと美佐子に言われ、悩む。
安積はこの件を同期の速水(細川茂樹)に相談する。

速水は強く止めるが、逆に安積は心を決める。
そして村雨(中村俊介)に休暇を取るとだけ言い残し、神南署を後にした……。

ハンチョウ」オフィシャルサイトから



『無実の人を救うのも刑事の仕事・「ハンチョウ」』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | ハンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする