透明人間が仕掛けた連続殺人
脳トレが暴く透明の謎「 MR.BRAIN (ミスターブレイン) 」

《感想》透明人間が仕掛けた連続殺人・脳トレが暴く透明の謎「 MR.BRAIN (ミスターブレイン) 」第3話

0606.jpg 監視カメラの死角を巧みに利用した犯行でした。

若い医師・和久井 (亀梨和也) が婚約者である研修医の後藤めぐみ (相武紗季)を階段から突き落としたのです。

第一の犯行トリックを利用して、和久井 (亀梨和也)は、自分の研究資金を得るために婚約者まで殺害しようとするとは ・・・

監視カメラの死角は、犯人の手によって、監視カメラの角度を変えることで作られました。

しかし、自分の姿を完全に隠したためカメラに映らなければならないところまで消えてしまったところを九十九 (木村拓哉) が発見したのでした。

記憶が戻らなくなってしまった後藤めぐみ (相武紗季)、またまた、九十九 (木村拓哉)の脳分析で犯人を発見してしまいました。

人間の脳ってすごい働きをするんですネ
犯人によって作られた新しい記憶と愛情を感じる部分の脳の働きによって、犯人の心に良心の呵責(かしゃく)に訴え、犯行を自白させました。

自分が落ち込んだ時、楽しい時、愛する人ができた時、などなど、一度、自分の脳の中を覗いてみたい気がしますネ
皆さんはいかがでしたか?

次回、又 ・・・

soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
    ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村



《あらすじ》「 MR.BRAIN (ミスターブレイン) 」オフィシャルサイトより
↓↓↓

ある大学病院内で殺人事件が起こった。
捜査にあたることになった刑事・丹原 (香川照之) と 林田 (水嶋ヒロ) は、病院内に設置されている監視カメラで犯人を特定しようとするのだが、犯行現場には犯人らしき人物の姿は写っていない。

それどころか、監視カメラが捉えていたのは、扉が勝手に開いた直後に被害者が悲鳴を上げて倒れるという、なんとも不思議な映像だった…。

丹原と林田が困惑しているところへ、偶然同じ病院内にいた 九十九 (木村拓哉) がひょっこりと現れる。
九十九は、透明人間が起こしたという今回の事件に、大変興味を持つのだった。

被害者である教授が殺された時、現場周辺には若い医師・和久井 (亀梨和也) をはじめとする複数の病院関係者がいたが、その誰もが犯行現場の監視カメラには写っていなかった。
九十九は、本当に透明人間に犯行が可能なのかどうか、科学的な視点で検証を開始する。

そんな中、透明人間による第二の犯行が起きてしまう。
襲われたのは、和久井の婚約者であり研修医の 後藤めぐみ (相武紗季) 。
一命はとりとめたものの、襲われたときに頭を強く打ったせいで、めぐみは記憶が戻らなくなってしまい… !?

「 MR.BRAIN (ミスターブレイン) 」オフィシャルサイトから


『透明人間が仕掛けた連続殺人
脳トレが暴く透明の謎「 MR.BRAIN (ミスターブレイン) 」』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | ミスターブレイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする