義の心を受け継ぐ武士・真田幸村誕生
NHK大河ドラマ「天地人」第22回

TV 《感想》 真田幸村(城田優)参上・NHK大河ドラマ「天地人」第22回

0531.jpg また一人、兼続(妻夫木聡)の盟友が生まれました。

上杉の義につけ込んだ「真田昌幸」、娘の初音(長澤まさみ)を使者に使って、女性の魅力で兼続(妻夫木聡)の心を動かしました。
なかなかのしたたか者のようです。

初音(長澤まさみ)もまんざらではなかったようですが、どこまでが本音なのか捕らえどころのない女性役、うまいですネ

ひらめき「真田昌幸」、歴史上では、代々武田家に仕えた武将で、あの徳川家康が大変恐れていたようです。

上杉と盟約を結んだ真田の人質役は、真田幸村(城田優)でした。
最初は、親譲りの頑固さで心を開こうとしませんでしたが、人質がなくても真田へ援軍を出すという上杉の義に心打たれたようです。

男と男の約束、上杉の義とは、兼続(妻夫木聡)の言うとおり、裏切られてもなお信じる生き方なのかも知れませんネ。

まさか一端真田へ帰した幸村(城田優)が帰って来るとは思わなかった兼続(妻夫木聡)、弟子にしてほしいとまで兼続(妻夫木聡)を慕うようになっていました。

人を信じることのなかった幸村(城田優)、兼続(妻夫木聡)の義の心に感銘したのでしょう。 もうやだ〜(悲しい顔)

兼続(妻夫木聡)の人徳、ますます人の心を動かす家老になってきました。

次回は、いよいよ景勝(北村一輝)の上洛です。
どのようなドラマが展開されるのでしょうか、楽しみです。

soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
    ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村

  <NHK大河ドラマ『天地人』 楽天search>
本 《あらすじ》 NHK大河ドラマ「天地人」オフィシャルサイトより
↓↓↓

春日山に真田の使者として初音(長澤まさみ)が来る。
驚く兼続(妻夫木聡)。

初音は、自分が真田の娘であることを明かし、徳川の脅威から真田を守るため、盟約を結んでほしいと申し出る。
泉沢(東幹久)は反対するが、景勝(北村一輝)はこれも上杉の義、と了承する。

兼続のもとに惣右衛門(高嶋政伸)が訪ねてくる。
兼続より年下の女性と再婚したという。
驚く兼続だったが、父の幸せそうな様子に何も言えない。

ほどなくして真田から人質が来る。
若き真田幸村(城田優)だった。
泉沢は幸村に槍(やり)の試合を申し出る。
試合は泉沢が勝つが、幸村は不敵な笑いを残して立ち去る。
翌日、泉沢の槍が紛失、泉沢は幸村が盗んだと疑うが、幸村は答えない。

幸村をあずかることにした兼続は、海を見せに行く。
そこで語り合う二人。
乱世では裏切られる前に裏切ることもある、と言う幸村に、裏切られても信じる生き方の方が楽しい、と説く兼続。
しかし、幸村は心を開こうとしない。

そんな折、徳川軍が上田に進軍。
景勝は援軍を送り、兼続は幸村を上田に返す。
人質を返し、さらに援軍も送る上杉に、幸村は義の心を感じる。

戦は真田軍が勝利し、幸村も戻ってくる。
兼続に弟子にしてほしいと乞(こ)う幸村。
義の心を受け継ぐ武士の誕生であった。

NHK大河ドラマ「天地人」オフィシャルサイトから


『義の心を受け継ぐ武士・真田幸村誕生
NHK大河ドラマ「天地人」第22回 』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | NHK大河ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする