小栗旬の涙は友情の芽生え・「天地人」

TV 《感想》 三成の涙・NHK大河ドラマ「天地人」

0524.jpg 石田三成(小栗旬)との喧嘩、豊臣秀吉(笹野高史)が兼続(妻夫木聡)の気持ちをおさめてくれましたが、三成(小栗旬)の態度は、一向に変わりませんでした。 むかっ(怒り)

越後のために生きる兼続(妻夫木聡)にとって、日本国の民のことを思う三成(小栗旬)は、脅威であったのでしょうが、すぐに持論を持ち出し反論するところは、懐が大きいですネ

正直過ぎるために人から嫌われる三成(小栗旬)には、知恵はあっても友や仲間と接する心が欠けていました。
幼い頃から一人ぼっちだったのですネ もうやだ〜(悲しい顔)

喧嘩別れした二人でしたが、人として相手を思いやる心を持つ兼続(妻夫木聡)が一枚上手だったようです。
三成(小栗旬)を友として愛する気持ちが通じて友情が生まれました。

お互い自分にないものを持っていることで引かれる若い二人が、これから戦国の盟友となっていくのですネ 満月

なお、今回の秀吉(笹野高史)と景勝(北村一輝)の会見、面白くないのが徳川家康(松方弘樹)、初音(長澤まさみ)の実家・真田の荘を攻めるつもりですが、これからどうなるのでしょうか?
次回も目が離せませんね ・・・ 目

[エンタメ情報]
石田三成役の小栗旬スマイルにも、無口な悪役(林)で出演中です。
皆さん、どちらの役柄が似合っていると思いますか?

soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
    ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村

  <NHK大河ドラマ『天地人』 楽天search>
本 《あらすじ》 「天地人」オフィシャルサイトより
↓↓↓

落水(おちりみず)の会見後の宴席で、けんか騒動を起こした兼続(妻夫木聡)と三成(小栗旬)は、席を抜け出し二人きりで話をする。

三成は、兼続に越後の民だけではなく、日本国の民を思うことが大事であり、秀吉(笹野高史)はそのために天下人になろうとしているのだと話す。

兼続は、三成のその言葉に心を動かされるが、幸せは国が豊かになること以上に、友や仲間がいることが大事だと持論を語る。
互いに興味を覚え、二人は別れる。

一方、秀吉と景勝(北村一輝)の会見のことは、浜松の徳川家康(松方弘樹)のもとにも届く。
秀吉と上杉の接近をけん制する家康は、まず真田を攻略しようとする。

そんな折、仙桃院(高島礼子)が、菊姫(比嘉愛未)が懐妊したと勘違いする出来事が起こる。
景勝から、騒ぎの収拾を任される兼続。

その最中(さなか)、なぜか三成が再び兼続を訪ねてやって来る。
三成の相変わらずの横柄な態度に閉口する泉沢(東幹久)をはじめ上田衆たち。
その夜、兼続は帰ろうとする三成を引き留め、宴(うたげ)を開く。

仲間の上田衆や百姓たちと陽気に騒ぐ兼続。
三成は自分にはない兼続の素直さ、人を思いやる姿を目の当たりにして、兼続への思いを改める。
このことがきっかけでお互いに認め合い、二人に友情が芽生えるのであった。

天地人」オフィシャルサイトから


『小栗旬の涙は友情の芽生え・「天地人」』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | NHK大河ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする