義の戦士たち・「天地人」

《感想》NHK大河ドラマ「天地人」第18回

20090503.jpg 周囲が敵だらけの春日山で兼続(妻夫木聡)が立てた奇襲作戦、上杉軍にとって苦渋の選択でした。 ふらふら

人一倍人情に厚い兼続(妻夫木聡)が、こんな作戦を立てるとは信じがたいことですが、落城寸前の魚津城で親方の援軍を待つ仲間たちも、まさかと思ったに違いありません。

危機的上杉軍にとって最善の策だったのかどうか、兼続(妻夫木聡)の判断が越後一国の命運を分けることになるのですから、いかに親方・景勝(北村一輝)の信頼が厚かったか判りますネ。

お船(常盤貴子)からの出陣の贈り物、言葉がなくても気持ちは十分に伝わるものです。 黒ハート
兼続(妻夫木聡)も勇気百倍で出陣できたでしょう。
髪の毛は女性の命ですからネ

しかし、魚津城で待つ吉江(山本圭)、安部(葛山信吾)ら上杉軍に、兼続(妻夫木聡)の思いは、伝わりませんでした。
命がけで、使者として親方の命を伝えに行ったのですが、上杉の「義」に生きる侍魂が敵方・織田軍への降伏を許せなかったのでしょう。

上杉をヒイキするわけではありませんが、「本能寺の変」(織田信長の死)がもう少し早かったら、魚津城で討ち死にすることもなかったかもしれませんが、皮肉なものですネ。

続きは次回・・・

メモ [豆知識] 魚津城は、織田方の柴田勝家、佐々成政、前田利家らの総攻撃で落城します。この作戦は成政の案で、織田軍より人質を出して上杉軍に魚津城の明け渡しを迫りますが、上杉軍が出てきた所をだまし討ちにしたとされています。戦国の世とはいえ悲惨な戦いだったようです。「本能寺の変」の翌日・6月3日のことでした。

  <NHK大河ドラマ『天地人』 楽天search>

soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
    ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村

《あらすじ》オフィシャルサイトより
↓↓↓
信長(吉川晃司)の軍勢に包囲された越中・魚津城では、吉江(山本圭)、安部(葛山信吾)らが必死に防戦していた。
景勝(北村一輝)は魚津へ向かおうとするが、越後を手薄にすることはできず、苦渋の思いで踏みとどまる。

5月、織田軍の攻撃は激しさを増し、ついに魚津城は本丸を残すのみとなる。
目先の勝ち負けにとらわれていては信長には勝てない、と考えた兼続(妻夫木聡)は、一旦魚津に援軍に向い、敵が越後領内に入ったところで急きょ引き返して討つ、という奇襲作戦を考案。
景勝と泉沢(東幹久)のみに話す。
景勝もこれを了承し、出陣の命を出す。

出陣準備におわれる兼続のもとに、与板衆の援軍が駆けつける。
夫の身を案じたお船(常盤貴子)の計らいだった。直江家家宝の短刀と一房の黒髪も届けられ、お船の気持ちに兼続は勇気づけられる。

上杉軍は魚津側の天神山に陣をかまえる。
そこに敵軍が越後領内に進軍したとの知らせが入り、兼続は一同に作戦を打ち明ける。
反発、動揺する上田衆たちを景勝とともに説き伏せた兼続は、魚津城本丸に乗り込み、ろう城組に降伏するよう説得する。

しかし、吉江も安部も上杉の侍として武士道を貫きたい、と拒否。
兼続に上杉の未来を託して城に残る。
兼続と景勝は吉江らの思いを胸に、急ぎ越後へ引き返すのだった。


『義の戦士たち・「天地人」』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | NHK大河ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする