女性の敵は女性? 「BOSS」CASE 03

TV 《感想》「BOSS」CASE 03

20090501.jpg 女性の敵は絶対許さないと大澤絵里子(天海祐希)が立ち上がりました。手(チョキ)

女性誌の読者モデルが連続して暴●される事件が発生し容疑者の男性をつきとめましたが、遺書を書いて自●?してしまいました。
他の刑事たちが安堵する中、納得しない絵里子(天海祐希

女性の敵は、男性に違いないと思うのが一般的ですが、大澤絵里子(天海祐希)は最初から第3の被害者、樋口ゆかり(酒井若菜)に疑いを持っていたというのです。

「おとり捜査」で逮捕された第3犯行の男が、当然、真犯人と思っていましたが、最後の最後でどんでん返し、今回もまさかの展開に見ているものをアッと言わせました。
推理ドラマって本当に面白いですネ

モデル仲間の嫉妬から男を使って女性を襲わせ、何食わぬ顔で被害者を装っていた第3の被害者・樋口ゆかり(酒井若菜)が裏で糸をひいていたとは・・・ むかっ(怒り)

女性特有の身を守るしぐさ、息遣い、大事なイベントに履いて行く靴に至るまで犯行の証拠を調べつくして、真犯人を追い詰めたBOSS・絵里子(天海祐希)の洞察力は半端ではありませんネ

自分の部下を欺いてまでも嫌われるBOSS役に徹して、リーダーシップを発揮した絵里子(天海祐希)の勝利でした。
絵里子(天海祐希)の下で働きたいという方おられますか!?

次回もBOSS・絵里子(天海祐希)の活躍に期待しましょう!

 <「天海祐希」グッズ紹介>

soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
   ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村

本 《あらすじ》オフィシャルサイトより
↓↓↓
大澤絵里子(天海祐希)は、女性誌『エピソード』の読者モデルが連続して暴●された事件を担当する。
野立信次郎(竹野内豊)は、新たな被害者を出さないため、ほかのモデルに刑事を付けて警戒していると言う。
が、そんな矢先、再び事件が起きてしまう。

3人目の被害者・樋口ゆかり(酒井若菜)は重傷ではないが、精神的なショックを受けていた。
状況を察した絵里子は、警護のため木元真実(戸田恵梨香)を病室に残す。
絵里子は、片桐琢磨(玉山鉄二)、山村啓輔(温水洋一)、花形一平(溝端淳平)、岩井善治(ケンドーコバヤシ)らの刑事に、事件の経緯を説明した。
いずれも、ナイフで脅され、手錠と猿ぐつわをされて暴●されていた。
現場にはその手錠などの遺留品が残されていたが指紋は検出されなかった。

そんな中、野立が三上という男の情報を持ってくる。
三上はモデルたちの行きつけの店の店員で、素行も悪く覚せい剤での逮捕歴もあるという。
ところが後日、三上の死体が発見される。現場に向かった絵里子は、鑑識から、三上が自●した可能性が高いと聞かされる。
事実、発見現場からは遺書らしきメモと死因となった塩化カリウムを打った注射器が残されていた。

対策室に戻った絵里子は、事件は落着したと安堵する刑事たちに、三上は他●だと言い放つ。
科捜研の奈良橋玲子(吉瀬美智子)も、三上が手足を縛られた上、薬剤を注射され死亡したとの見解を示す。
絵里子は、第1の犯行と、第2、第3犯行における相違点を指摘し、別の犯人の存在を推測する。


『女性の敵は女性? 「BOSS」CASE 03』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | BOSS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする