天海祐希、危うし「BOSS」第二話

TV 《感想》「BOSS」第二話

0424.jpg ネットへの嘘の書込みが事件を引き起こす引き金になってしまいました。
事件の発生情報をいち早く傍受して、自分がやったことのようにネットに書込むことで神になろうとした人物を本当の神と勘違いするネット社会、こんなネット社会が、本当の●人事件を引き起こしてしまったのです。 がく〜(落胆した顔)

BOSS・大澤絵里子(天海祐希)の捨て身の「おとり作戦」、犯人をおびき出して追い詰めましたが、最後の瞬間、犯人もろとも建物が爆破、犯人死亡で一件落着かと思っていました。
まさか、「お疲れ様でした」と大澤絵里子(天海祐希)を自宅まで送ってきて、トイレを借りた警察官が真犯人とは、送り狼との乱闘シーン、ハラハラドキドキでしたが無事逮捕。

玄関に脱がれた警察官の靴が偽物であることを先に気づいた大澤絵里子(天海祐希)、さすがBOSSは見るところが違いますネ 目
しかし、犯人のあの黒装束とナイフは、どこに隠し持っていたのでしょうか?(マ〜イイか!)

部下たちの協力で一つ一つ事件を解決していく大澤絵里子(天海祐希)、周りの班からは煙たい存在のようです。
権威に臆することなく上司・屋田健三(相島 一之)に自分の意見を主張するシーンは、いつも痛快です。
あのスタイルとFBI仕込みの交渉術、いつ見てもカッコイイですネ〜

今夜も出演、絵里子がキャリアを失うきっかけとなった鳶(とび)職風の恋人、彼女が「特別犯罪対策室」のBOSSとは知らないようですが、彼は何者なのでしょうか。
「ひろし」とか呼ばれていましたが、気になりますねネ

早くみんなに紹介してくださ〜い 黒ハート 
それでは、次回また・・・ 

<天海祐希着用グッズ> <主題歌「My Best Of My Life」>

手(チョキ) ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
 ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村

本 《あらすじ》オフィシャルサイトより
↓↓↓
「特別犯罪対策室」の室長・大澤絵里子(天海祐希)は、部下の花形一平(溝端淳平)からサイトに、人を●したと書き込む人物がいると聞く。
この人物は、自らを“神”と称し、3人の名前、住所、遺体写真までをサイト上に公開しているが、その中に、絵里子たちの管轄で起きた事件の被害者の女子大生の情報があった。
また、公開された別の2件も実在の事件であることから、絵里子は“神”による連続●人を疑う。

絵里子は木元真実(戸田恵梨香)、片桐琢磨(玉山鉄二)、山村啓輔(温水洋一)、花形、岩井善治(ケンドーコバヤシ)に、別の2件の洗い直しを指示すると、真実を連れて女子大生の遺体発見現場へ向かう。

心臓をひと突きにされた女子大生を見た絵里子は、手慣れた者の犯行だと想像。
しかし、真実は凶器の角度から、被害者が自分で刺したとしか思えないと言う。

その頃、“神”がやったとする変死事件を調べていた科捜研の奈良橋玲子(吉瀬美智子)は、事件は事故だと断定。
別の水死事件を追っていた山村、岩井も、それが事故だったと報告する。

そんな折、“神”が逮捕される。
これで事件は解決かと思われるが、なんと、新たな●人が起こる。
絵里子は、“神”に憧れるあまり、自分が本物の“神”だと思い込む者の犯行だと推理。最初の●人が成功した今、さらに●人を重ねていくだろう、とも考える。
そこで、犯人をおびき寄せるために自分がおとりになることを思いつく。
野立信次郎(竹野内豊)は絵里子に協力すると言うが……。


『天海祐希、危うし「BOSS」第二話』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | BOSS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする