第13回 NHK 大河ドラマ 天地人 「潜入・武田の陣」

TV 《感想》

歴史的な妙案、上杉軍と敵軍(武田勝頼)との和睦案は、兼続(妻夫木聡)の弟・与七(小泉孝太郎)の何気ない言葉がきっかけでした。
考えに考え、自分の故郷・越後を守ることあきらめなかった兼続の決断は、命がけの敵軍との和睦でしたが、先の親方上杉謙信の「義」の教えが和睦を認めた武田家の家臣・高坂弾正(大出俊)の心にも通じていたのではないでしょうか。

人として生きる道「義」の精神が若い武将の心に着実に受け継がれ世代交代の一助となっていたのですネ
自分たちの領土・上田庄に戻って北条と戦う老中たちには、想像以上の数の敵軍が待っているのに生きて帰ってきて欲しいですネ

お館の景虎(玉山鉄二)にも何かしら策があるようですがいつの間にか悪役に回ってしまいました。
仙桃院(高島礼子)も実の娘・華姫(相武妙季)から、にらまれるはめになり今後どうなるのでしょうか?

人と人との戦いは、敵味方、お互いにマイナス要素ではないかと思いますが、どうして人は、戦うのでしょうか・・・

本 《あらすじ》NHKオフィシャルサイトより
↓↓↓

★妻夫木聡で検索(楽天市場)★

手(チョキ) ★あなたの応援クリックが活力源です★⇒ アフェリエイトランキング
 ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村 テレビブログ
兼続(妻夫木聡)の活躍により兵糧を確保した景勝(北村一輝)軍だったが、景虎(玉山鉄二)との戦は、依然として膠着(こうちゃく)状態が続いていた。
そんな折、武田が景虎に加勢、武田の軍勢が、越後と信州の国境まで迫っていた。
さらに、景虎には北条の援軍もあり、景勝軍に不安が広がっていた。
景勝の家臣、栗林(平泉成)と深沢(鈴木正幸)が、北条を食い止めるため、上田庄に戻ることを決意。
二人の決死の覚悟に、兼続は、上杉の侍としての生きざまを学ぶ。
兼続は、状況を打破しようと思案を巡らせるが、良い考えが浮かばない。
父・惣右衛門(高嶋政伸)に「己の力の限りをつくせ。
母が言った紅葉の教えを忘れるな」と叱咤(しった)される兼続。
そして、ついに兼続は、武田と和ぼくするという策をひねり出す。
長年の宿敵である武田との和ぼくに、景勝や重臣たちは猛反発するが、兼続は「越後を守ることがなにより大事」と景勝を説得、景勝も納得する。
そして、兼続は自ら武田への使者に名乗り出る。

兼続は、泉沢(東幹久)、与七(小泉孝太郎)とともに武田の陣に侵入、そこで武田家重臣、高坂弾正(大出俊)と会う。
兼続の誠実な交渉が実を結び、高坂は兼続に和ぼくをまとめることを約束する。
危機を脱した景勝軍だったが、あらたな脅威が目前に迫っていた――。
手(チョキ) ★あなたの応援クリックが活力源です★⇒ アフェリエイトランキング
 ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村 テレビブログ
Topページへ


『第13回 NHK 大河ドラマ 天地人 「潜入・武田の陣」』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | NHK大河ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする