おみやさん最終回第2部「振り込め詐●」2時間スペシャル

TV 《感想》第二部
勝村チヨ(江波杏子)は、自分の息子はとうの昔に死んだのに息子の友達と名乗って振り込め詐●の片棒を担いでいた若者に息子の姿を重ねていました。
振り込め詐●とわかっていても若者を更正させたいと願う母親のやさしい気持ちが、青年に伝わって事件が解決に向かうのですが、今回も人情かたぎのおみやさん(渡瀬恒彦)も母親の優しさを何よりも強く感じ、シャッポを脱いだようです。

15年という長い間一時も心の休まらない犯人の気持ちが、時効間際に崩れていくことで事件が解決しましたが、一番のキッカケは、母親の息子に対する愛情かもしれません。
omiya2.jpg プレゼント >>> ★渡瀬恒彦を楽天市場で検索して見ました★
本 《あらすじ》
↓↓↓ 【第2部】
15年前、会社社長が殺され金を奪われるという事件が起こった。
目撃者の証言から犯人は二人組だとわかるが、足取りが掴めぬまま事件は迷宮入り、時効まであと2週間足らずとなっていた。
そんなある日、左足付け根に古い骨折の跡がある男の死●が発見される。
おみやさんは、この手がかりから15年前の事件を思い出す。
当時、逃げる二人を目撃した勝村チヨ(江波杏子)という女性の証言で、犯人の一人は左足を引きずっていたということだった。
おみやさんと洋子はチヨのもとを訪れる。
チヨは当時、中華料理店を営んでいたが、5年前に夫に先立たれことがきっかけで店をたたみ、いまは周囲に乞われるままに料理教室を開いていた。
おみやさんと洋子は、チヨの教室で野田(金井勇太)という青年を紹介される。
息子の友達で、チヨの一番弟子だという。
だが、野田は、二人が警察官だと知ると逃げるようにその場を立ち去ってしまう。
そんな野田を見ていたおみやさんは、なぜかチヨに料理教室に入門したいと言い出したのだった…。



ぴかぴか(新しい) 《追伸》 次のシリーズ待ってま〜す。


『おみやさん最終回第2部「振り込め詐●」2時間スペシャル』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | おみやさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする