第11回 天地人 「御館の乱」

TV 《感想》
いよいよ上杉家の内乱「御館の乱」が始まりました。兼続(妻夫木聡)は、仙桃院(高島礼子)に助けられますが、内乱は止められなかったようです。

母である仙桃院(高島礼子)は、よほどこの戦が和解することを祈っているに違いありません。
自分の気持ちをつたえるために命をかけて景虎を説得するさまには、武家社会の女性の強さと生き方がでていました。

そして、景虎の妻・華姫(相武紗季)は、自分の夫のために実の兄と縁を切る気持ちでいたのです。
自分の喉に短刀を当てて夫とともに御館にこもると景虎に訴えるシーンは、仙桃院とは違った華姫の夫に尽くす武家社会の妻の強さと忠誠心を知ることができました。


本 《あらすじ》
[天地人公式サイト抜粋]
春日山城本丸占拠を兼続(妻夫木聡)の策略と疑う景虎(玉山鉄二)は、兼続に切りかかるが、仙桃院(高島礼子)が立ちふさがり、その場を鎮める。
景勝(北村一輝)に対する不信感を募らせる景虎。



そこに景虎を跡継ぎにしようとする家臣たちが集結し、ついに景虎は景勝と戦うことを決意、戦の準備を進める。
一方、お船(常盤貴子)は、仙桃院に、景勝のもとに戻るよう説得するが、仙桃院は、景虎のもとに残り身を挺(てい)して戦を止めると言う。
お船は兼続に仙桃院の意思を伝える。
仙桃院の固い決意を知った兼続は、自分のしたことが正しかったのか悩むが、お船は「自分も同じ立場なら同じことをした」と勇気づける。

景勝軍、景虎軍ともに戦の準備が整い緊張が高まっていた。
しかし、景勝は、この戦に義があるのか、悩んでいた。
兼続は景勝こそ謙信の義の心を受け継ぎ清い国を築くことのできる主君である、と励ます。
ついに戦が始まった。戦いは景勝軍の優位に展開する。
景虎軍は状況を打開するため、御館へ陣を移す。
景虎は華姫(相武紗季)に景勝のもとに戻るよう申し渡すが、華姫は、生涯景虎の側にいることを誓う。
そして、春日山城では、長引く戦に兵糧が尽きかけていた――。


TV 《感想》2
「御館の乱」は、男たちの戦いである反面、武将の女性たちの戦いであったかも知れません。
上杉謙信が唱えた「義」の心は、上杉家の女性たちの心にも生きていたのかもしれません。
「強い心」と「やさしい心」「人とはどのように生きるべきか」人生の教訓を教えてくれそうです。

来週も兼続(妻夫木聡)の活躍が見られそうですネ
では、又 ・・・

プレゼント 「天地人」グッズで検索してみました >>>★天地人 グッズ★


『第11回 天地人 「御館の乱」』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | NHK大河ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする