相棒 SEASON 7・第18話「悪意の行方」

いきなり右京(水谷豊)と元特命係の陣川(原田龍二)監禁のシーンから始まりました。
放送も次回で最終回、いきなり監禁とは、どちらかの命に危機が迫ってきたのでは?
それにしても、陣川(原田龍二)の演技は、素人っぽいですネ。下手な芝居を見ているようで笑いを誘います。
何者かに監●され脱出を試みるシーンでもわざとらしくてこっけいでした。

現場近くに真央(金子さやか)という中学校教師の携帯電話が落ちていましたが、それを手がかりに捜査を始めまた二人に警察の恥となるので自宅謹慎を命令する内村刑事部長、おとぼけの陣川(原田龍二)は、110番通報してくれた優子(原史奈)に一目ぼれ。
美人に弱い陣川(原田龍二)の思い込みには、あきれてしまいます。今回も期待を裏切られるに決まっているのですが!(笑)
《画像「相棒SEASON7」公式サイトより》
aibou0311.jpg 
★水谷豊★
 
★原田龍二★
捜査を進めるうちに携帯の持ち主、真央は学校裏サイトの管理人の生徒を退学に追い込んだことからその生徒から恨みを買っていたことがわかります。
インターネットの学校裏サイトが横行している現代、数多くの事件が発生しそれを取り締まる機関とのイタチゴッコが報道されていますが、正にその典型ともでもいうような事件でした。

鑑識のおじさんのサイト分析で右京を監禁場所へと運んだ男が判明しますが、男は学校裏サイトで右京が襲われることを知ったというのです。
なぜ特命係までもが学校裏サイトに登場するのか?
その鍵を握っていたのは、ネット管理会社に勤める優子(原史奈)でした。
サイバー犯●対策の立場を利用して知り得た情報が自分の辛い過去の出来事を知ることとなったのです。
捜査で会社を訪問した陣川(原田龍二)が特命係りを名乗ったために優子(原史奈)がサイトに書き込んだことがあとでわかりました。

学校裏サイトの管理人が面白半分に書き込みした記事が原因で今回のような事件を引き起こすこととなったのです。
このようなサイトが横行するのも問題ですが、心無い書き込みをしたり面白半分に他人を中傷したりする記事を書き込むことがどんなに重大なことかサイトを利用する皆さんに解って欲しいと思います。

来週は、最終回です。
4月からは新番組が始まる予定ですが、「相棒」には、リニューアルして、又、登場して欲しいものです。

★水谷豊★
 
★原田龍二★



『相棒 SEASON 7・第18話「悪意の行方」』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | 相棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする