透明人間が仕掛けた連続殺人
脳トレが暴く透明の謎「 MR.BRAIN (ミスターブレイン) 」

《感想》透明人間が仕掛けた連続殺人・脳トレが暴く透明の謎「 MR.BRAIN (ミスターブレイン) 」第3話

0606.jpg 監視カメラの死角を巧みに利用した犯行でした。

若い医師・和久井 (亀梨和也) が婚約者である研修医の後藤めぐみ (相武紗季)を階段から突き落としたのです。

第一の犯行トリックを利用して、和久井 (亀梨和也)は、自分の研究資金を得るために婚約者まで殺害しようとするとは ・・・

監視カメラの死角は、犯人の手によって、監視カメラの角度を変えることで作られました。

しかし、自分の姿を完全に隠したためカメラに映らなければならないところまで消えてしまったところを九十九 (木村拓哉) が発見したのでした。

記憶が戻らなくなってしまった後藤めぐみ (相武紗季)、またまた、九十九 (木村拓哉)の脳分析で犯人を発見してしまいました。

人間の脳ってすごい働きをするんですネ
犯人によって作られた新しい記憶と愛情を感じる部分の脳の働きによって、犯人の心に良心の呵責(かしゃく)に訴え、犯行を自白させました。

自分が落ち込んだ時、楽しい時、愛する人ができた時、などなど、一度、自分の脳の中を覗いてみたい気がしますネ
皆さんはいかがでしたか?

次回、又 ・・・

soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
    ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村



続きを読む


スポンサードリンク

『透明人間が仕掛けた連続殺人
脳トレが暴く透明の謎「 MR.BRAIN (ミスターブレイン) 」』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | ミスターブレイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本当の笑顔を取り戻す戦い「スマイル」

TV《感想》本当の笑顔を取り戻すことができるのでしょうか?「スマイル」第8話

0605.jpg ビト (松本潤) の正当防衛、認められるのでしょうか?

林 (小栗旬) を殺害したビト (松本潤) にとってこの裁判は、単なる殺人事件ではなく人種差別をかけた意味のある裁判となりそうです。

一馬 (中井貴一) 自身が中国国籍を捨てて日本に帰化した経歴を持っているだけに、この裁判は、マスコミに大きな波紋を呼びそうです。

刑事・古瀬 (北見敏之) もさることながら担当検事の人種差別に対する偏見を跳ね除けて、正当防衛を勝ち取るには長い年月が必要になってきそうですネ

花 (新垣結衣) の気持ちを思うと、愛する人がどうしようもない罪で裁かれることの辛さは、計り知れないものがあります。

soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
    ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村

スマイル』<<<主題歌情報>>>
椎名林檎・ニュー・シングル『 ありあまる富

続きを読む
スポンサードリンク

『本当の笑顔を取り戻す戦い「スマイル」』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | スマイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

玉山鉄二、謎の過去明らかに・「BOSS」CASE08

TV 《感想》 片桐琢磨(玉山鉄二)の誤射事件・「BOSS」CASE08

0604.jpg 片桐琢磨(玉山鉄二)の過去を知るホステス・西山菜々美(小西真奈美)が狙撃犯でした。

    (後ろ向きで犯人に銃を突きつけられている男性が屋田参事官です。↑)

片桐琢磨(玉山鉄二)が射撃の名手であるのに、拳銃が撃てない理由は、過去の誤った射殺事件が原因でした。

参事官・屋田健三(相島一之)が、当時の片桐琢磨(玉山鉄二)の上司・小野田 忠(塩見 三省)に誤った犯人狙撃を指示してしまったようです。

犯人から狙われることになった参事官・屋田健三(相島一之)、まさか女性が狙撃犯とは、おとぼけの山村啓輔(温水洋一)がBOSS・大澤絵里子(天海祐希)に連絡するまで不明でした。

狙撃犯のホステス・西山菜々美(小西真奈美)は、片桐琢磨(玉山鉄二)が射殺した男の恋人でした。
オリンピック選手並みの狙撃の腕があるとは誰も見抜けませんでしたネ。

そのホステス・西山菜々美(小西真奈美)に恋する山村啓輔(温水洋一)、愛した彼女が犯人だったなんてかわいそう ・・・ もうやだ〜(悲しい顔)

今回もBOSS・大澤絵里子(天海祐希)の厳しい叱る言葉が、部下の気持ちを引き締めました。
山村啓輔(温水洋一)が叱られているシーン、刑事とは思えないヒョウキンな姿が笑いを誘いましたネ わーい(嬉しい顔)

部下には厳しい大澤絵里子(天海祐希)ですが、上司には反論できない辛い面もあるようですネ
片桐琢磨(玉山鉄二)をかばって自覚させようとする姿、上司の鏡でした。

カッコイイBOSS・大澤絵里子(天海祐希)の恋人・池上浩(丸山智己)も今回は登場ナシ

悩み多きBOSS・大澤絵里子(天海祐希)の一面を見せてくれました。

それでは、次回、又 ・・・

soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
    ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村

<アラフォーで検索してみました>
続きを読む
スポンサードリンク

『玉山鉄二、謎の過去明らかに・「BOSS」CASE08』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | BOSS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

智也が全てを話してくれました・「アイシテル〜海容(かいよう)〜」

TV 《感想》 事件の全貌が判明しました・「アイシテル〜海容(かいよう)〜」第8話

0603.jpg 智也(嘉数一星)が全てを話してくれました。 ぴかぴか(新しい)

母親のさつき(稲森いずみ)のことをかばった智也(嘉数一星)は、清貴(佐藤詩音)の言動にむかついて、黙らせるために誤って殺害したのです。

あの屋上の看板は、お母さんから抱きしめられて愛情いっぱいに育てられてる清貴(佐藤詩音)の象徴だったのですネ

審判の席で事実を知ったさつき(稲森いずみ)は、智也(嘉数一星)を抱きしめて泣き出しました。

どんなに叱られても、母親・さつき(稲森いずみ)のことを愛してくれていた事がわかったのですネ。
智也(嘉数一星)のいじらしさに涙が出てしまいました。 もうやだ〜(悲しい顔)

二人の子供にとって、何者にも替えがたい愛する母親であったはずなのに、なぜこのような行き違いが発生してしまったのでしょう。

母親の悪口を言われた智也(嘉数一星)が犯行に及ぶまでには、清貴(佐藤詩音)のわがままな言動に加えて、お母さんの買ってくれたグローブを投げ捨てたことに対して、じっと我慢し続けた智也(嘉数一星)がいたのも事実です。

しかし、清貴(佐藤詩音)の父親・秀昭(佐野史郎)は、審判の調書を読んで自分の子供が悪いわけではないと批判的です。
智也(嘉数一星)の供述を信じられないようです。

第二回の審判、清貴(佐藤詩音)の母親・聖子(板谷由夏)からの手紙、どんな内容のなのでしょうか?

加害者と被害者の家族、これからが、長い道のり始まりです。

soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
    ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村

  <原作本ご紹介・楽天>

続きを読む
スポンサードリンク

『智也が全てを話してくれました・「アイシテル〜海容(かいよう)〜」 』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | アイシテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さちとの絶交・「白い春」

《感想》 栞(吉高由里子)の危機・「白い春」第8話

0602.jpg さち(大橋のぞみ)から絶交された春男(阿部寛)、寂しそうでしたネ

父親・康史(遠藤憲一)に忠告するつもりが、さち(大橋のぞみ)に告げ口と取られてしまいました。
かわいそうに ・・・ もうやだ〜(悲しい顔)

大量注文の準備で、300個のりんごの皮むき競争、春男(阿部寛)と康史(遠藤憲一)の大人気ない争い愉快でしたネ。

チンピラ・安田にお金を払うことができなくなった栞(吉高由里子)、危険な約束を交わしてしまいました。 がく〜(落胆した顔)

ホテルに連れ去られた栞(吉高由里子)は、危機一髪のところを春男(阿部寛)に助けられましたが、土下座して謝る春男(阿部寛)の過去をチンピラの一人が知っていたようです。

通常は、許してもらえないところを春男(阿部寛)の経歴がものをいいましたが、面倒なことに成らなければ良いのですが?

春男(阿部寛)は、康史(遠藤憲一)から自分の道を探せと忠告され、これからどうするのでしょうか?

さち(大橋のぞみ)は、春男(阿部寛)から離れたくないようですからかわいそうですネ もうやだ〜(悲しい顔)

次回、又 ・・・

soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
    ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村

<主題歌情報 楽天>
続きを読む
スポンサードリンク

『さちとの絶交・「白い春」』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | 白い春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元彼が愛人?・「ハンチョウ」

TV 《感想》 元彼との愛人生活・「ハンチョウ」第8話

0601.bmp 被害者・貿易会社社長の妻が犯人でした。

自分の婚約を破談にしてしまった父親を恨んで、その嫌がらせに、愛人となったという娘の木本弥生(北川弘美)、奇妙なこともあるものですネ

事件は、娘が住んでいた貿易会社社長の部屋で起きました。
安積(佐々木蔵之介)の推理は、父親の三国(大杉漣)が娘・木本弥生(北川弘美)の犯行をかばっていると考えたのでした。

しかし、真相は殺された社長の妻に迷惑をかけた自分が悪いと罪を被ろうとしている娘・木本弥生(北川弘美)の行動を三国刑事(大杉漣)が殺人を犯したと勘違いしたのでした。

その勘違いが事件を複雑にして、本当の犯人を見逃すことになったのでしょう。

村雨(中村俊介)は、自分の大先輩だった三国刑事(大杉漣)を殺人容疑で逮捕することになってしまいました。

三国刑事(大杉漣)は、自分の娘の元彼・英之(田中実)と娘から恨まれていることで、娘のために自分が犠牲になろうとしたのでした。

自分の娘の本当の気持ちを聞いて、三国刑事(大杉漣)が涙ぐむシーン、娘に対する親心、早く本心を聞いていれば、お互いに分かり合えたでしょうに ・・・

チョッピリ寂しいストーリーでした。
皆さまは、いかがでしたか?

soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
    ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村


<佐々木蔵之介実家のお酒>
続きを読む
スポンサードリンク

『元彼が愛人?・「ハンチョウ」 』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | ハンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

義の心を受け継ぐ武士・真田幸村誕生
NHK大河ドラマ「天地人」第22回

TV 《感想》 真田幸村(城田優)参上・NHK大河ドラマ「天地人」第22回

0531.jpg また一人、兼続(妻夫木聡)の盟友が生まれました。

上杉の義につけ込んだ「真田昌幸」、娘の初音(長澤まさみ)を使者に使って、女性の魅力で兼続(妻夫木聡)の心を動かしました。
なかなかのしたたか者のようです。

初音(長澤まさみ)もまんざらではなかったようですが、どこまでが本音なのか捕らえどころのない女性役、うまいですネ

ひらめき「真田昌幸」、歴史上では、代々武田家に仕えた武将で、あの徳川家康が大変恐れていたようです。

上杉と盟約を結んだ真田の人質役は、真田幸村(城田優)でした。
最初は、親譲りの頑固さで心を開こうとしませんでしたが、人質がなくても真田へ援軍を出すという上杉の義に心打たれたようです。

男と男の約束、上杉の義とは、兼続(妻夫木聡)の言うとおり、裏切られてもなお信じる生き方なのかも知れませんネ。

まさか一端真田へ帰した幸村(城田優)が帰って来るとは思わなかった兼続(妻夫木聡)、弟子にしてほしいとまで兼続(妻夫木聡)を慕うようになっていました。

人を信じることのなかった幸村(城田優)、兼続(妻夫木聡)の義の心に感銘したのでしょう。 もうやだ〜(悲しい顔)

兼続(妻夫木聡)の人徳、ますます人の心を動かす家老になってきました。

次回は、いよいよ景勝(北村一輝)の上洛です。
どのようなドラマが展開されるのでしょうか、楽しみです。

soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
    ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村

  <NHK大河ドラマ『天地人』 楽天search>
続きを読む
スポンサードリンク

『義の心を受け継ぐ武士・真田幸村誕生
NHK大河ドラマ「天地人」第22回 』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | NHK大河ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする