阿部寛が本当の父親・「白い春」第5話

《感想》 本当の父親・「白い春」第5話

20090512.jpg ついに、春男(阿部寛)は、真実を知ることになりました。

さち(大橋のぞみ)からもらった母・真理子とさち(大橋のぞみ)の写真、撮影月日から自分の子供であることがわかったのです。

阿部寛の演技もさることながら春男の驚きは尋常ではありませんでしたネ

康史(遠藤憲一)は、さち(大橋のぞみ)のために、前科者の父親で何もしてあげなかった春男(阿部寛)を憎み、避けていたのでしょうが、春男(阿部寛)にとっては、自分が父親であることを黙っていた康史(遠藤憲一)が許せなかったのでしょう。 むかっ(怒り)

ところが、いざ春男(阿部寛)は、真実を知ってしまうと前科者の父親がいることを隠した方が、子供のためになると考えたのでしょう。
春男(阿部寛)の行動もさち(大橋のぞみ)に迷惑がかからないように急変しました。

人は、変われば変わるものですネ、驚きました。

どうしようもない男・春男(阿部寛)も子供に対する優しさ、家族の温かみもわかってきたようです。

前科者の親というだけで、自分の子供のためには、あえて身を引かなければならない定めがあるのでしょうか?

自分に会いに来た、さち(大橋のぞみ)を追い返すシーンでは、本当のことを言って抱きしめたかったのでしょうが、それができないだけにジーンときましたネ。もうやだ〜(悲しい顔)

次回は、どんな展開になるのか目が離せません。 目

<主題歌情報 楽天>

soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
    ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村

《あらすじ》「白い春」オフィシャルサイトより
↓↓↓
続きを読む


スポンサードリンク

『阿部寛が本当の父親・「白い春」第5話』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | 白い春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逃げる人生は卑怯・「ハンチョウ」第5話

TV 《感想》パナソニック ドラマシアター「ハンチョウ」第5話

20090511.jpg 不思議な事件でしたネ
自分が主人を殺したと自供した女性・勝江(岸本加世子)を犯人じゃないと疑ってかかることになりました。

本庁の相良(近童弐吉)と芝山(鈴木拓)、安積班に高圧的で嫌味なの2人ですネ ちっ(怒った顔)

村雨(中村俊介)の狙い通り、桜井(山口翔悟)が尾行していた従業員が犯人でした。

今回は、真帆(黒谷友香)と村雨(中村俊介)の意見が対立することになりましたが、安積(佐々木蔵之介)が冷静に判断し無事犯人を逮捕することができました。

勝江(岸本加世子)は、誰かをかばっていたのではなく、自分がみんな悪いと逃げていただけでした。

安積(佐々木蔵之介)が、その生き方を「卑怯」と言ったことに、「そのとおり」とうなずいてしまいました。
誰でも自分は悪くないと思って生きていかなければならないのですネ

いつも最後のシーンは、安積(佐々木蔵之介)の犯人に言い聞かせるような名セリフが見ているものを泣かせますよネ もうやだ〜(悲しい顔)

それでは又、次回も安積(佐々木蔵之介)の名セリフを期待しましょう ・・・

<佐々木蔵之介/実家のお酒>

soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
    ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村

本 《あらすじ》パナソニック ドラマシアター「ハンチョウ」オフィシャルサイトより
↓↓↓
続きを読む
スポンサードリンク

『逃げる人生は卑怯・「ハンチョウ」第5話』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | ハンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本能寺の変で吉川晃司死亡・NHK大河ドラマ「天地人」

《感想》明智光秀 謀反 織田信長の死・NHK大河ドラマ「天地人」第19回

20090510.jpg ついに信長(吉川晃司)の時代が終わりました。
配役の吉川晃司、NHKの「土スタ」にも出演していましたが、よく信長を研究していて無念のラストシーン雰囲気がよく出ていましたネ カチンコ

明智光秀(鶴見辰吾)の謀反を予測していたかのように落ち着いていましたが、運命を感じていたのでしょうか?

人の心を力で動かそうとした信長(吉川晃司)の過ちだったかもしれません。

信長(吉川晃司)の死が伝わる前に魚津城は総攻撃で落城してしまいました。
兼続(妻夫木聡)の幼馴染も兼続(妻夫木聡)に越後の将来を託して死んでいきました。
今、考えても、何の結果も出せない無駄な戦いだったような気がします。 もうやだ〜(悲しい顔)

兼続(妻夫木聡)は、仲間を助けられなかった後悔の念にさいなまれていましたが、お船(常盤貴子)の兼続(妻夫木聡)をいたわる気持ちと越後を守っていく上杉の家老としての自覚が気持ちを新たにさせたようです。

仲の良い二人でしたが、姉さん女房で尻にしかれそうな兼続(妻夫木聡)でしたネ。
ときに、兼続(妻夫木聡)は23歳、お船(常盤貴子)は25歳だったそうですが、1619年の兼続の死まで苦楽を共にした熱々の仲だったそうです。 黒ハート

次回からは、天下人となった秀吉(笹野高史)とのかけ引きが楽しみです。

  <NHK大河ドラマ『天地人』 楽天search>

《あらすじ》NHK大河ドラマ「天地人」オフィシャルサイトより
↓↓↓
続きを読む
スポンサードリンク

『本能寺の変で吉川晃司死亡・NHK大河ドラマ「天地人」』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | NHK大河ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

命に値段をつけるとは許せない・「ゴッドハンド輝」

《感想》 次回は最終回・「ゴッドハンド輝」

20090509.jpg 来週が最終回とは早いものですネ
今回は、輝(平岡祐太)の願いもむなしく、ヴァルハラは、KZ病院の理事長・ケビン・ゼッターランド・久坂(マイケル富岡)に乗っ取られそうです。

金に物を言わせる「医療はビジネス」がまかり通るとは残念です。
金がなければ救急車にも乗れないなんて、そんな医療ありえませんよネ。

ヴァルハラの院長・安田(渡部篤郎)と北見柊一(別所哲也)の二人は、KZ病院の理事長・久坂(マイケル富岡)へ頭を下げて病院存続のお願いに行きましたが、謝る必要のない過去の出来事に土下座して謝れとは、久坂(マイケル富岡)は、プライドの塊みたいな人間ですネ。
しかし、久坂(マイケル富岡)にも何か忘れられない過去があるようです。

次々にヴァルハラの医師やスタッフがKZ病院に引き抜かれ、片岡貢(小林隆)までも行ってしまうとは ・・・
いよいよヴァルハラも最後の時を迎えたようです。

梢(水川あさみ)は、病院再建の資金を実家の兄・四宮蓮(要潤)に願い出ましたが、当の「四瑛会」がKZ病院を動かしていたとは、驚きでしたネ

緊急オペ中の手術室、過労で倒れる医師まで発生し、誰か助けに来てくれるのでしょうか?

次回は、最終回です。
KZ病院の理事長・ケビン・ゼッターランド・久坂(マイケル富岡)にも、ヴァルハラの掲げる「何より患者の希望を第一に考える医療」をわかって欲しいですネ

<『ゴッドハンド輝』全巻> ★原作本ご紹介★

soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
    ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村

《あらすじ》「ゴッドハンド輝」オフィシャルサイトより
↓↓↓
続きを読む
スポンサードリンク

『命に値段をつけるとは許せない・「ゴッドハンド輝」』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | ゴッドハンド輝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新垣結衣から松本潤へのラブレター「スマイル」第4話

TV 《感想》 僕が彼女を守る「スマイル」第4話

20090508.jpg 食中毒事件の原因は、もち米でした。
マスコミの攻撃も町村フーズ一店に集中し、新聞で騒がれて他の事実には無関心のようです。

弁護士の一馬 (中井貴一)が 町村フーズの無実を立証するために立ち上がりました。
北川検察官 (甲本雅裕) と古瀬刑事(北見敏之)の二人、町村フーズを最初から疑ういやみな発言、憎たらしいですネ
一馬 弁護士(中井貴一)も目いっぱい反撃していますが、証拠が見つからないだけに、まだまだ決定打はありません。

病院に入院している里菜ちゃん (寺本純菜) が心配ですネ。
母親 (西尾まり) の気持ちは、わかりますが、見舞いに来たビト (松本潤)たちの気持ちもわかって欲しいと思います。

花 (新垣結衣) の声を奪った原因は、罪のない者へのマスコミの執拗な攻撃でした。
ドラマ「アイシテル」のように、家族の誰かが罪を犯すと家族全員がマスコミの攻撃に会うことになるのですネ
残念なことです。

花 (新垣結衣)からビト (松本潤) へのラブレター、素敵な内容でした。
笑顔(スマイル)が素敵な二人は、似合いのカップルです。
お互いに辛い過去を持つ者どうし気持ちが通じ合ったようですネ。
ビト (松本潤) も花 (新垣結衣)を守っていくことを決意したようです。

最後に現れた、かつての悪のリーダー林誠司(小栗旬)、これからのビト (松本潤) の人生をどう変えていくのでしょうか目が離せません。
町村フーズのみなさんには世間の風評を相手に長い戦いになると思いますが、愛と真実に向かって頑張って欲しいですネ

スマイル』<<<主題歌情報>>>
椎名林檎・ニュー・シングル『 ありあまる富


soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
    ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村

本 《あらすじ》「スマイル」オフィシャルサイトより
↓↓↓
続きを読む
スポンサードリンク

『新垣結衣から松本潤へのラブレター「スマイル」第4話』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | スマイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戸田恵梨香 危うし・「BOSS」

TV 《感想》 木元真実(戸田恵梨香)に危機・「BOSS」CASE4 

20090507.bmp 何が始まるのかと思いきや特別犯罪対策室全員参加の防犯キャンペーン寸劇、とてもコミックで思わず笑ってしまいました。
しかし、木元真実(戸田恵梨香)だけは、持ち前のキャラで小学生の笑いをとる雰囲気ではありません。

その木元(戸田恵梨香)が警察へ恨みを持つ犯人の標的になってしまいました。
寸劇の失敗をBOSS・大澤絵里子(天海祐希)から厳しく注意され自宅に引きこもっているとばかり思っていたのに廃業した病院に監禁されているとは、思わぬ展開でした。

寸劇の天井裏で覗き見していたのは犯人だったのですネ ちっ(怒った顔)

連続犯の怪しげな風貌、残忍な手口、何者なのでしょう。
そして、動機はリンチ事件で死亡した弟の恨みを晴らす兄の犯行か?

現場の状況から犯人の体格、年齢を的確に言い当てるBOSS・絵里子(天海祐希)の鋭い推理力にはいつも驚かされますネ

現場に残された血文字から、BOSS・絵里子(天海祐希)が推理したとおり3人目が殺され4人目が木元(戸田恵梨香)になるとは・・・ がく〜(落胆した顔)

水槽に監禁されて水攻めにあう木元(戸田恵梨香)、もうダメかと思いましたが、その運命は、次回へ続く・・・

完結版と思っていましたが、続編は来週になりました。
楽しみに待ちたいと思います。

<戸田恵梨香グッズ>

soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
   ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村

本 《あらすじ》 「BOSS」オフィシャルサイトより
↓↓↓
続きを読む
スポンサードリンク

『戸田恵梨香 危うし・「BOSS」』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | BOSS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ我が子が人の命を?「アイシテル」〜海容(かいよう)〜

TV 《感想》 被害者家族への手紙「アイシテル」〜海容(かいよう)〜 第4話

20090506-3.jpg 調査官・富田(田中美佐子)の手を借りて、やっと、前向きに歩き出したさつき(稲森いずみ)でしたが、自分の正直な気持ちを書いた「お詫びの手紙」が清たんの家族の反感をかってしまいました。 ちっ(怒った顔)

母親の聖子(板谷由夏)や父親の・秀昭(佐野史郎)が、娘・美帆子(川島海荷)の気持ちをわかってあげられなかったように、自分の息子の命を奪われた家族の気持ちを他人が理解することは、とてつもなく難しいことですよネ。

しかし、清たんの母・聖子(板谷由夏)だけは、母親・さつき(稲森いずみ)も自分の息子・智也(嘉数一星)の本心をわからなかったのだろうと話していました。
同じ母親として、我が子の気持ちをわかってあげることができなかったことへの反省の気持ちは、一緒なのでしょう。

被害者の家族にも智也(嘉数一星)のやさしい子供のイメージは、少しわかってもらえたのではないでしょうか。
でも、なぜという気持ちがあまりにも大きすぎて現実を受け入れられないのです。

「留まっていては何も変わらない」という調査官・富田(田中美佐子)の言葉は、両方の家族に当てはまることなのですが、現実は、そうはいきませんよネ。

智也(嘉数一星)が事件当日のことを話し始めたことで事件の真相に少しずつ近づいてきましたが、やさしい智也(嘉数一星)にとって、事件のことを思い出すのがとても辛そうでした。 もうやだ〜(悲しい顔)

事件現場の遠くにある「ビル屋上の看板の絵(アイシテル)」が智也(嘉数一星)にとって大きな意味をもっているようです。
お母さんが、赤ちゃんを抱っこしている絵でしたよネ

お互いの家族が、現実を受け止め話し合える日は、まだまだ先のようです。
少し重たい内容ですけれども三人の母親のキャラがよく出ていて、ついつい見てしまう考えさせられるドラマです。

  <原作本ご紹介・楽天>

soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
   ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村

本 《あらすじ》「アイシテル」〜海容(かいよう)オフィシャルサイトより
↓↓↓
続きを読む
スポンサードリンク

『なぜ我が子が人の命を?「アイシテル」〜海容(かいよう)〜』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | アイシテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一番茶は幸せの味・「夫婦道」

TV 《感想》 幸せの一番茶は初孫かナ?! 「夫婦道」第4話

20090506-1.jpg 康介(武田鉄矢)の初孫が誕生しました。
いつも子供の出産に立ち会っていない康介(武田鉄矢)が、今度は、初孫の出産にも立ち会えませんでした。

子供たちから見れば、自分達の生まれた時に父親が母親のそばにいてくれることが当然のように思えたのでしょう、康介(武田鉄矢)の言い訳が通用しませんでした。
立ち会えない理由が、仕事ではなく遊びならば言語道断ですよネ。ちっ(怒った顔)

出産に父親は、役に立たないかも知れませんが、男親としては、自分の仕事が一家を支えていると思えば、何よりも仕事を大事にするのかも知れません。

みんなに気を使って一人で茶摘をする康介(武田鉄矢)も頑固なところがありますが、雨に濡れながら「当たり前の苦労」と自分に言い聞かせながら茶摘をするところが、いじらしい気がしました。
本心は、長女・八夜子(たくませいこ)の出産に立ち会いたかったのでしょう。

子供たちには、康介(武田鉄矢)が、茶摘のために出産に立ち会えなかったことを理解してもらえたのでしょうか?
初めての子供を出産した八夜子(たくませいこ)にだけは分かったもらえたようです。わーい(嬉しい顔)
「親の心、子知らず」と言われるとおり子供を持ってはじめて親の心がわかるのでしょうネ

高鍋家にも初孫ができて、康介(武田鉄矢)や聡子(高畑淳子)は、「おばあちゃん」「おじいちゃん」です。
次回は、年寄り扱いされたくない夫婦が、新たなドラマを展開してくれそうです ・・・

<主題歌>

soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
   ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村

本 《あらすじ》
↓↓↓
続きを読む
スポンサードリンク

『一番茶は幸せの味・「夫婦道」』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | 夫婦道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亡き恋人の墓前で阿部寛が涙・『白い春』

TV 《感想》 どうしようもない男の涙・『白い春』第4話

20090506.jpg 亡き恋人・真理子(紺野まひる)の墓前で詫びる佐倉春男(阿部寛)が印象的でした。

真理子(紺野まひる)に何もしてあげることができなかった自分と籍も入れてもらえず死んでしまった真理子(紺野まひる)の哀れさに反省の涙が出てきたのでしょう。
元恋人・高村真理子との悲しい再会でした。

家族であれば籍を入れるのが当然ですが、そうできなかった事実を知らない春男(阿部寛)にとっては、康史(遠藤憲一)に対する不信感と真理子(紺野まひる)を不幸にした怒りがいっそう強くなったのでしょう。

さち(大橋のぞみ)にとって母親との思い出は何一つないのに、写真だけを大事にしている姿が、とてもけな気でかわいそうでしたネもうやだ〜(悲しい顔)
自分の父親が、春男(阿部寛)と知ったらどうするのでしょうか。

西田栞(吉高由里子)は、春男(阿部寛)のことをどう思っているのでしょうか。
不思議な関係ですが、好意を持っているようにも見えるのですが、皆さんはいかがでしたか?

春男(阿部寛)が本当のことを知れば、さち(大橋のぞみ)にとって「おじさん」が「おとうさん」になる日も近いのではないでしょうか。

次回、また ・・・

<主題歌:阪井あゆみ「横顔」>

soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
   ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村

本 《あらすじ》オフィシャルサイトより
↓↓↓
続きを読む
スポンサードリンク

『亡き恋人の墓前で阿部寛が涙・『白い春』』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | 白い春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親友の裏切りが事件に・『ハンチョウ』第4話

TV 《感想》TBSパナソニック ドラマシアター『ハンチョウ〜神南署安積班〜』第4話

20090504.jpg 女性同士の「妬み」「恨み」が通り魔事件に発展しました。
有名靴ブランド「ミラノ」に勤める金丸美和(西尾まり)は、長沢ゆかり(三浦理恵子)の昇進を妬み、子供ができない身体なのに職場で妊娠の噂を流し、ゆかり(三浦理恵子)を会社から追い出したのです。

信じていた美和(西尾まり)にだけ本当のことを話したのに逆に裏切られるとは、この裏切りが許せなかったのでしょう。
親友に裏切られることがどんなに辛いことかわかりますよネ もうやだ〜(悲しい顔)

ゆかり(三浦理恵子)は、偶然襲われた通り魔事件の犯人を自分で探し当て、犯人を使って美和(西尾まり)に恨みを晴らしたのです。

襲われても当然とも思える美和(西尾まり)、反省の色は全く見られませんでした。 むかっ(怒り)
世の中には、腹が立ってもまかり通っていることがありますが、本人に反省させたいですネ、すごく残念でした。

本人の心には、少しは後ろめたい気持ちがあったのでしょうが、真帆(黒谷友香)の言った「心の罪に手錠を掛けたい」の一言がせめてもの救いでした。

黒木和也(賀集利樹)と新聞記者・山口友紀子(安めぐみ)とのスクープ情報のやり取り、あのメモは、腰痛の相談だったとは!?
真帆(黒谷友香)の取り越し苦労でした。(笑)
安積(佐々木蔵之介)班の結束は絶対でしたネ。 手(チョキ)

次回、また・・・

soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
  ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村

★佐々木蔵之介さんの実家:佐々木酒造★


本 《あらすじ》オフィシャルサイトより
↓↓↓
続きを読む
スポンサードリンク

『親友の裏切りが事件に・『ハンチョウ』第4話』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | ハンチョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

義の戦士たち・「天地人」

《感想》NHK大河ドラマ「天地人」第18回

20090503.jpg 周囲が敵だらけの春日山で兼続(妻夫木聡)が立てた奇襲作戦、上杉軍にとって苦渋の選択でした。 ふらふら

人一倍人情に厚い兼続(妻夫木聡)が、こんな作戦を立てるとは信じがたいことですが、落城寸前の魚津城で親方の援軍を待つ仲間たちも、まさかと思ったに違いありません。

危機的上杉軍にとって最善の策だったのかどうか、兼続(妻夫木聡)の判断が越後一国の命運を分けることになるのですから、いかに親方・景勝(北村一輝)の信頼が厚かったか判りますネ。

お船(常盤貴子)からの出陣の贈り物、言葉がなくても気持ちは十分に伝わるものです。 黒ハート
兼続(妻夫木聡)も勇気百倍で出陣できたでしょう。
髪の毛は女性の命ですからネ

しかし、魚津城で待つ吉江(山本圭)、安部(葛山信吾)ら上杉軍に、兼続(妻夫木聡)の思いは、伝わりませんでした。
命がけで、使者として親方の命を伝えに行ったのですが、上杉の「義」に生きる侍魂が敵方・織田軍への降伏を許せなかったのでしょう。

上杉をヒイキするわけではありませんが、「本能寺の変」(織田信長の死)がもう少し早かったら、魚津城で討ち死にすることもなかったかもしれませんが、皮肉なものですネ。

続きは次回・・・

メモ [豆知識] 魚津城は、織田方の柴田勝家、佐々成政、前田利家らの総攻撃で落城します。この作戦は成政の案で、織田軍より人質を出して上杉軍に魚津城の明け渡しを迫りますが、上杉軍が出てきた所をだまし討ちにしたとされています。戦国の世とはいえ悲惨な戦いだったようです。「本能寺の変」の翌日・6月3日のことでした。

  <NHK大河ドラマ『天地人』 楽天search>

soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
    ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村

《あらすじ》オフィシャルサイトより
↓↓↓
続きを読む
スポンサードリンク

『義の戦士たち・「天地人」』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | NHK大河ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幸運の星 真東輝 「ゴッドハンド輝」第4話

TV 《感想》成功を信じる力「ゴッドハンド輝」第4話

20090502.jpg 驚きましたネ。
内臓破裂の子供の命を救ったのもつかの間、その母親のお腹の子供は、生まれてくるまで生きられないというのです。
胎児の心臓を母親のお腹の中で手術するという日本初の難しい手術に安田院長(渡部篤郎)が挑みました。病院

安田院長(渡部篤郎)の黄金の左手と輝(平岡祐太)のゴッドハンドが小さな命を救いました。
小さな胎児の手が安田院長(渡部篤郎)の指をつかむシーンは少しコミック的でしたが感動の一瞬でした。ぴかぴか(新しい)

日ごろはヤクザ風の院長もいざ手術となると真剣なんですネ
でも成功してよかった。

梢(水川あさみ)も手術が成功した時に、涙を流して感激したようです。もうやだ〜(悲しい顔)
少しは、輝(平岡祐太)の人の命に対するこだわりが分かったのではないでしょうか。

今回は、輝(平岡祐太)の提案で生きて産まれることができなかった子供の命を全員の協力で救うことができました。
梢(水川あさみ)も安田院長(渡部篤郎)から技術だけでは人の命は救えない、「成功を信じる力」が必要なことを教わりました。いいことを言いますね院長!

次回は、輝(平岡祐太)の勤務するヴァルハラに危機が ・・・ がく〜(落胆した顔)

<『ゴッドハンド輝』全巻> ★原作本ご紹介★

soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
  ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村

本 《あらすじ》オフィシャルサイトより
↓↓↓続きを読む
スポンサードリンク

『幸運の星 真東輝 「ゴッドハンド輝」第4話』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | ゴッドハンド輝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松本潤の働く「町村フーズ」が危ない 「スマイル」

TV 《感想》「町村フーズ」の危機・「スマイル」第3話 

20090501-1.jpg ビト (松本潤)の働く「町村フーズ」が大変なことになりました。
食中毒騒ぎが起きた上原東小学校へ赤飯やおはぎを納品していたからです。

決して悪意があったわけではありませんが、食中毒の原因によっては、刑事責任が問われるとあって、大変な騒ぎです。
当初、卵スープが中毒の原因とされていたので少し安心していたのですが、最終的には、「町村フーズ」が納品していた「もち米」が原因と報道され「町村フーズ」へ強制捜査が入りました。

担当検察官の北川 (甲本雅裕) は、ビト (松本潤)の覚せい剤事件の時の敗訴を根に持っているようです。

弁護士の一馬 (中井貴一)とビト (松本潤)の距離も、少しずつ縮まってきているようですが、外国人労働者という周りの偏見は、どうしても消えないようです。

今回も花 (新垣結衣) の純粋な笑顔が、ドラマを見ているものの心を和ませてくれました。
言葉のしゃべれない花 (新垣結衣) ではありますが、スマイル(笑顔)には、こんな力があるのですネ

しかし、ラストシーンの花 (新垣結衣) の病状が心配です。
そして、「町村フーズ」の行方は ・・・
それでは、次回、またお会いしましょう。

スマイル』の主題歌情報!
椎名林檎・ニュー・シングル『 ありあまる富


soon ★もっとドラマの話題を楽しみたい方は⇒Blog Ranking
  ★よろしければこちらもお願いいたします★⇒ にほんブログ村

本 《あらすじ》オフィシャルサイト「スマイル」より
↓↓↓
続きを読む
スポンサードリンク

『松本潤の働く「町村フーズ」が危ない 「スマイル」』のトップへ

『ドラマ好き@TV』のトップへ

posted by ドラマ好き@TV | スマイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする